SEARCH

ライバーとは

2021.04.04

ライバーとは?人気配信者になるコツや稼ぎ方、おすすめの事務所を紹介

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • like

YouTuberが注目されていますが、最近ではライブ配信系アプリも人気が高いです。配信に興味はあるけど、よく分からずに登録するか悩んでいる人もいるのではないでしょうか。この記事では、ライバーとYouTuberの違い、人気配信者になるコツや稼ぎ方を解説。ライバーになりたい人必見のおすすめの事務所も紹介します。

ライバーとは

ライブ配信する女性
最近注目を浴びてきたライバー。YouTuberとの違いも気になりますよね。一見同じような動画配信に見えるかもしれませんが、実は仕組みに大きな違いがあります。ここではライバーについて詳しく解説します。

ライバーの特徴

ライバーとは、ライブ配信アプリなどを使って生放送をする人のことを指します。ライブ配信の内容はさまざまで、視聴者との雑談を楽しむライバーもいれば、ダンスや歌などの特技を配信するライバーもいます。歌手やタレント志望の人も多く、配信を通して自分の認知度を高めようとしているケースもあります。

ライバーのメリット

ライバーのメリットはスマホ1台で始められる手軽さです。ライブ配信アプリは生放送なので、動画編集技術が必要ないところも魅力。日常的な会話感覚で始められます。
また、生放送だからこその臨場感がファン獲得につながることも。リアルタイムで視聴者に返事ができるので、ファンの声を受け入れやすいです。一緒に企画やイベントを計画し、盛り上げられますよ。

ライバーの収入の仕組み

ライバーの収入は、主にファンからの投げ銭です。投げ銭とは、応援するライバーに対してファンが渡すもの。ファンがライバーにギフトやアイテムなどを送り、もらったものをライバーが換金することでお金に変えられます。
ライブ配信アプリによって投げ銭の形式は異なり、中には配信時間に応じて報酬が発生する、時給のようなシステムを導入している会社もあります。

ライバーとYouTuberとの違い

YouTuberは撮影、編集、配信の作業があるのに対し、ライバーの作業は生放送での配信のみです。また、ライバーはスマホさえあれば始められますが、YouTuberは撮影用の機材・動画編集アプリなどが必要です。人気YouTuberだと、人を雇って編集作業を分担するケースも見られます。
視聴者とのコミュニケーションの取り方にも違いがあります。YouTubeでは視聴者がコメントを残せますが、返信があるかは配信者次第です。一方、ライブ配信は生放送なので、その場で視聴者とコミュニケーションが取れます。作業を誰かと分担することもなく、自分1人でできるので、それが楽だと感じる人もいるでしょう。
YouTuberの収益源は、基本は広告収入です。収入を得るためには、フォロワー数や視聴回数など、一定の条件をクリアする必要があります。

人気ライバーになるための配信のコツ

煌めく背景とマイク
ライブ配信は誰でも始められますが、ライバルも多いのが現実。ファンを集めるには、他ライバーの配信との差別化が必須です。人気ライバーになるコツを紹介します。

定期的に配信する

理想は毎日配信ですが、難しいなら曜日と時間を決めて、定期的にライブ配信するのがおすすめ。視聴者が生活リズムの中に、あなたのライブを取り入れやすいですよ。平日19時〜22時は、多くの人に見てもらえる可能性が高い時間帯です。ライブが認知されると、徐々に常連の視聴者も増える傾向にあります。

目標をファンに伝える

ライブ配信で大切なのは、固定のファンを増やすことです。ファンが増えれば増えるほど、あなたの収入が上がります。
ファンと目標を共有するのもおすすめ。例えば、1ヵ月ごとのランクアップを目指したり、イベントで上位を狙ったりと、結果が分かりやすい目標を立てると良いです。目的が具体的であればあるほど、ファンが応援しやすい環境作りができますよ。

ファンが飽きない工夫をする

ライブ配信は編集作業がないため、効果的なBGMがつけにくいです。そのためエンタメ感を意識して、盛り上がっている雰囲気を出すのが大切です。例えば、ギフトやアイテムなどのプレゼントをもらったら、相手にオーバーなぐらいお礼を伝えるなど。視聴者に喜んでもらえる企画を定期的に提案するのも、配信のマンネリ化を防げますよ。

SNSを活用する

TwitterやInstagramを併用すれば、ファン獲得を加速させられます。普段あなたのライブ配信を見ていない人にも、配信時間や内容を告知する場となるからです。
また、配信では届けられないプライベートを共有することで、あなたのことをより身近に感じてもらえるはず。SNSを通じて、これから企画してほしいイベントを一緒に考えるのも楽しいですよ。

【配信アプリ別】ライバーの稼ぎ方

ライブ配信する若い女性
ライバー人気が熱い中、ライブ配信アプリを運営する会社もどんどん増えています。そのため、選択肢が増えて迷うユーザーも。ここでは、4つのライブ配信アプリの特徴と稼ぎ方を紹介します。

Pococha(ポコチャ)

Pococha(ポコチャ)は、ライバーとファンが交流できるファミリー機能があり、アットホームな雰囲気で配信できます。
配信中に視聴者から投げられるダイヤと、時給のように支払われる時間ダイヤでお金を稼げます。アイテム数や長時間配信で還元率が変わる「盛り上がりダイヤ」と呼ばれる投げ銭もあります。
時間ダイヤは人気が上がれば昇給する仕組みで、30円〜16,500円と、ランクによりかなりの幅があるのが特徴。また、ダイヤがもらえるのは1日4時間までです。NGワード機能や24時間監視体制が整っているので、安心して配信が続けられます。

SHOWROOM(ショールーム)

SHOWROOM(ショールーム)は、アーティストやタレントが多数所属しているのが特徴です。仮想ライブ空間という位置づけで、ライブ配信が行われます。
ライバーの収入は、投げ銭に代わるバーチャルギフト。視聴者から受け取って稼ぐ仕組みです。ポイント還元率はライバーの人気によって異なり、30~35パーセントと言われています。ギフトが増えると収益が上がる仕組みなので、アピール力が高い人におすすめです。

17LIVE (イチナナ)

17LIVE (イチナナ)は、台湾発の人気アプリ。
ライバーの収入源は3つ。配信中にファンが応援としてプレゼントしてくれるギフト(投げ銭)、視聴回数により付与されるボーナスポイント、期間限定イベントに参加してもらえるプライズポイントです。ポイント還元率はライバーによって差があり、13~50パーセントと言われています。

BIGO LIVE(ビゴライブ)

BIGO LIVE(ビゴライブ)は、2018年に運営開始したシンガポール発のアプリです。日本以外の利用者も多く、他のアプリに比べるとユーザー数が圧倒的に多いのが特徴。また他のアプリと違い、ゲーム配信ができます。
ライバーは、投げ銭となるダイヤ(1ダイヤ=約3円)で稼ぎます。還元率は30~50パーセントです。

おすすめのライバー事務所「pino live」

カメラに向かう女性達
ライバーとして早く結果を出したいなら、ライバー育成制度がある事務所に所属するのがおすすめです。例えばスポーツでも、上手なコーチから習った方が上達が早いですよね。ライバーも長年のノウハウが詰まった人から教わった方が、稼げる可能性が高くなります。最後に、ライバー初心者にも優しい事務所「pino live」について紹介します。

育成型ライバー事務所なので初心者にも安心

「pino live」は、大手総合PR会社ベクトルの子会社なので、初心者でも安心して所属できます。アカウント作成からプロフィール作成のコツまで、十分なサポートがあります。
また、新人ライバーの説明会があるので、「どうやったらファンがたくさんつく?」「投げ銭を増やす方法は?」などの疑問を解消できるでしょう。

マネジメントが充実

配信スケジュール管理やライバーのSNSチェックなど、マネジメント業務も任せられます。盛り上がるライブコンテンツを企画してくれるので、自分の個性を活かす配信ができるでしょう。長所を活かせて人としての輝きが増し、自信が持てます。
人気ライバーになるとボーナス支給も。頑張れば評価されるシステムなので、モチベーションが上がりやすいです。ライブ配信を超えたPR案件やメディア出演の仕事を紹介されることもあり、ライバーの先にある夢実現の可能性を広げられる事務所です。

LINEで簡単登録

「pino live」の登録は、LINEから簡単にできます。登録料・配信料ともに無料なのも嬉しいポイント。初心者から上級者まで登録可能です。打ち合わせは電話やWEB会議で行うので、すべてオンラインで完結します。どこに住んでいても、始められますよ。

ライバーになって人気配信者を目指そう

スマホでライブ配信する女性
誰でも気軽にライバーになれますが、たくさんの人にファンになってもらうにはコツがあります。自分1人で始めるのにも、勇気がいりますよね。「pino live」なら実績もあり、新人育成に特化した会社なので安心です。個性を発揮できる事務所に所属して、人気配信者を目指してくださいね。

ライブ配信するならpino live

4月はpino liveから新人ボーナスもご用意しています!
ボーナス4月

RELATED