SEARCH

ライバーインタビュー

2021.04.09

35歳、嘉陽愛子に夢ができました!元大手事務所のアイドルが歩む新しい人生

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • like

17歳で大手レコード会社から華々しいアイドルデビューを果たして、人生の半分以上を芸能界で過ごしている嘉陽愛子さん。 インタビュー前編では、漫画のような芸能界入りのストーリーや、アイドル時代について語っていただきました。 後編は、今もなお「あいぴー」という愛称で愛され続ける彼女の現在や、35歳を迎えて新しくできた夢について語っていただきます。

pinoライバー:嘉陽愛子
神奈川県出身。
誕生日は12月11日、A型。
アイドル活動を経て、現在はフリーランスの役者・広告モデルとして活動中。

アイドルは卒業。15年間所属した事務所を退所して、フリーランスの道へ

ーーフリーランスになられたのは33歳のときですが、退所を考え始めたのはいつ頃ですか?

あいぴー:20代後半ですかね。
友達の結婚・出産ラッシュで周りが変化していく中、「自分はどうなって行くんだろう」という不安もありました。

とにかく30歳になること、世間一般的に言う「大台に乗る」ことが怖かったんです(笑)何に追われているかわからないけど、ずっとモヤモヤしてましたね。


ーーまたしても年齢に対する不安が…。(インタビュー前編参照) 10年以上も所属した事務所を辞めることに、不安はなかった?

あいぴー:感覚人間なので「これだ!」と決めたら、ガムシャラに進んでしまうんです(笑)

事務所とは長い時間をかけて話し合っていたので、ポジティブな退所でした!


ーーあいぴーさんのまっすぐな性格が垣間見えます(笑) フリーランスになる準備はしていましたか?

あいぴー:フリーランスで活動している友人に話を聞いていました。

フリーランスになってからは全てが自己責任なので不安もあります。でも友人の遠藤舞ちゃんに勧められたライブ配信を始めたり、何事も柔軟にチャレンジできるのでワクワクの日々です!
 (994)

ぴーファミと直接会えるイベントを開催したい!

ーーライブ配信を始めてみて、始める前とのギャップはありましたか?

あいぴー:実は事務所からライブ配信やSNSを勧められていたのですが、断っていたんです。 自分が続けられる自信もなかったし、毎日何話すの?と思っていて(笑)

でも、始めてみたら想像以上に楽しかった!


ーーこれまで色々なお仕事を経験されているあいぴーさんだからこそ感じる、ライブ配信の魅力は?

あいぴー:誰でも気軽に見れること!
ライブ配信はファンの方との出会いや、年齢・性別問わずたくさんの人に知ってもらえる可能性が無限にある。

大手事務所にいなくてもスマホ1つで自分の宣伝ができるので、夢がありますよね!


ーーあいぴーさんも、すっかりライブ配信のトリコですね!(笑) 逆に、難しいと感じる部分は?

あいぴー:テレビ番組やラジオと違って、構成がないところかな。最初はすごく戸惑いました。

でも難しい反面、新鮮で楽しいです!


ーーありのまま配信できるところも魅力の1つですよね! では、ライブ配信で叶えたい夢はありますか?

あいぴー:ポコチャを始めて昔のファンの方と再会したり、新しいファンの方にも出会えたので、イベントを開催してファンの皆様と直接お会いしたいです。

今までファンクラブがなかったので、「ぴーファミ(あいぴーさんのファンネーム)」を持てたことが嬉しい!


ーー絶対に叶えましょう! では、歌手としての目標や夢はありますか?

あいぴー:まずはトラウマを解消すること。

今も武道館の光景が頭の片隅にありますが、歌だけでなく、ライブ配信や舞台など…私なりの活動でファンの方に元気を届けたいと思っています。

「誰かに元気を与えられる存在でいたい」という根源は、デビュー当時からブレていないですね。
 (997)

「35歳、嘉陽愛子に新しい夢ができました!」

ーーいま、ライブ配信以外で頑張っていることはありますか?

あいぴー:実は30歳を過ぎてから、新しい夢ができまして…!

私と同世代向けの韓国ファッションを、日本でも気軽に買えるような仕組みを作りたいです。そのために、韓国の流通や韓国語の勉強をしています。


ーーこれまでの活動とは、全く違う夢ですね! きっかけを教えてください!

あいぴー:私自身、30歳を過ぎてから凄く生きやすくなりました。

童顔で身長が低く、声も高くてアイドル経験もある…振り返ればいつも年相応に見られない人生。それがコンプレックスに感じていた時期もありましたが、大人になるにつれて楽になれたんです。

だからこそ、同世代の女性に憧れられる存在でありたい。昔からそんな女性に憧れていました。


ーー確かにあいぴーさんの節目には、年齢に対する悩みがありましたね。 そこで韓国ファッションを選んだのはなぜ?

あいぴー:元々韓国ファッションが好きだったというのもありますが、日本で買える韓国ファッションの多くは10〜20代向けがメイン。

30歳からも着れるような大人向けの韓国ファッションもお洒落なのに、いま日本で流通しているものは価格が高かったり、素材がチープなんです。


ーー韓国コスメも、若い女性向けのアイテムが多い気がします。 あいぴーさんのファンは男性が多いイメージですが、今後は女性ファンも増やしていきたいですか?

あいぴー:そうですね。
もちろん男性向けの韓国ファッションも考えているのですが、もっともっと同世代の女性に私の存在を知ってもらえたら嬉しいです。

ぴーファミの輪がどんどん広がっていくことが夢でもあり、私の原動力でもあるんです。
 (1000)
ーーぴーファミの存在があいぴーさんの中でどれだけ大きいか、とても伝わります!

あいぴー:ぴーファミは戦友であり、ファミリー。ライブ配信を始めてからファンの方の声を直接聞けるので、モチベーションにもなっています。

2日間ライブ配信がないだけで「時間が経つのが遅い」と言ってくれたり、私の配信で「癒された」と言ってくれることが嬉しくて…日常に彩りが生まれました!


ーーでは最後に、ぴーファミの皆さんに向けてメッセージをお願いします!

あいぴー:私がSNSやライブ配信を続けられているのは、出会ってくれた全てのファンの方のおかげです。

等身大の私を発信することで築いてきたファンの方との絆は、今までの芸能生活の中で1番強いものだと思っています。

ファミリーのイベントはもちろん、お芝居や広告の仕事で「あいぴーだ!」と言ってもらえるように、みんなの応援を繋げていきます!

これからも頑張りますので、みんな仲良くしてください!
 (1002)
現状に甘えることなく、歳を重ねても新しい夢にチャレンジし続けるあいぴーさん。

歌以外の武器を手に入れた彼女は、とても強く見えました。

可愛さの中に、力強いかっこよさも加わった「35歳の大人あいぴー」に大注目です!
 (1004)
嘉陽愛子さんの配信プロフィール、SNSはこちら!

▼Pocochaプロフィールリンク
https://www.pococha.com/app/users/62311fd0-962c-4b01-abb2-f816a0262744

▼Twitter
https://mobile.twitter.com/kayo_aiko

▼Instagram
https://www.instagram.com/aiko_kayo1211/

RELATED